•  

 
 
1月~12月

多くの温泉地が点在する湯之谷温泉郷

魚沼市の市街地から国道352号を尾瀬に向かうと多くの温泉地が点在するのに気が付きます。
 
 

尾瀬ルート活性化委員会メンバーの中心は旅館の主人

中越大震災の影響を受けなかった湯之谷温泉郷でしたが、風評被害で観光客が激減。危機感を感じ、新潟県魚沼地域振興局、魚沼市の協力を得て結成されたのが湯之谷温泉郷・尾瀬ルート活性化委員会でした。その後、活動の範囲を全市展開して行こうということになり、「湯之谷温泉郷」を取り、尾瀬ルート活性化委員会として活動を続けています。現在も活動の中心は旅館の店主たちです。
 

山の尾根沿いに繰り広げられる雄大な百八灯。

 

国道352号に沿って点在する温泉郷

魚沼の市街地から尾瀬に向かうと
吉田地区

折立温泉地区
大湯温泉地区
栃尾又温泉地区
駒の湯温泉地区
銀山平温泉地区
奥只見地区
鷹巣地区

 と旅館、温泉地区が多く点在しています。


魚沼から行く尾瀬 since 2016-02-05Copyright OzeRouteKasseikaIinkai. All Rights Reserved.